フィルムカメラを持って、自転車で九州を一周してきました。その写真をまとめます【富士フィルム superia 400】

2019年の春に、自転車で九州を一周してきました。

 

重たいフィルム一眼レフは、自転車を漕ぐのにマイナスなことしかありませんでしたが、フィルムカメラで撮りたい!という一心の思いでちゃんとパッキングして持っていきました。

 

あんなに重たい思いをしたんですから、写真をアウトプットしない手はありません。

 

旅のそれぞれの記事で載せてしまったものもありますが、この記事は写真のまとめ編、と思っていただければ良いです。

 

それでは書いていきます。

 

 

九州一周自転車旅の記事はここから読めます!

4月の前半でこの度は終わっていたのに書き終えるのに2ヶ月ほどかかってしまった気がします(笑)

全部で2週間くらいの旅でした。

 

自転車で旅をすると、徒歩や車じゃ絶対に見れない景色があります。

そういう景色を大事にしたくて、そしてその景色を絶対に逃したくなくて、しっかりカメラを持ってきました。

 

今回使ったカメラ・レンズ・フィルム

  • カメラ:canon ae1 p

このカメラの詳細は、このページから見れます。

CANON CAMERA MUSIUM

重たいなあ、とは重ていましたが、565gもあるようです(笑)

前に、このカメラを片手に1日歩いたことがあったんですが、その時筋肉痛になったので、やっぱり重いんだなあと気づきました、、。

 

 

  • レンズ:Canon FD 50mm F1.4
  • フィルム:Fujifilm Superia 400

 

です。

 

今更ながら後悔しているのは、僕はKodakのportraがめちゃくちゃ好きなんですが、どうしてそのフィルムを持って行かなかったんだろう、、、ということです。

 

今回僕が使ったフィルムは、とても安いです。(1つ400円くらい)

対して、portraは1500円くらいするので、もちろん写りが違います。

大事な写真たちだったので、お金を気にせずに買えば良かったな、、、、。

 

kodak portraの記事も貼っておきます!

 

 

旅のフィルム写真を見ていきましょう

九州は海がとても多かったです。

当たり前ですが(笑)

晴れている日が多かったので、海岸線を望みながら本当に気持ちいライドができました。

こちらは「線路×菜の花」が映えるなあ、と思って撮ったのですが、思った以上に色の乗りが悪くて0点な写真になってしまいました。

九十九島。

ずーーーっといきたかった場所で、やっと行けました。

少しガスっていたのが残念でした。

九十九島の反対側の、長崎を撮った写真。

かなりガスっているんですが、夕日に照らされてめちゃくちゃ好きな色味になってくれました。

この景色は、僕だけかもしれませんがめちゃくちゃ地球を感じた写真です。

どうして波は岸に向かって来るんだろう、どうして地球は丸いんだろう、どうして海は青いんだろう、、、

など、考えたり調べればいいことが、反射的にとても不思議に思った写真です。

すごく自然を感じました。

全部の写真の中で、この色味が一番好きかもしれません。

このフィルムはなぜか発色があまり良くなかったんですが、今回のこの写真に関してはすごく良く発色してくれました。

鮮やかで、柔らかくて、好きなタイプの写真です。

本当はもっと鮮やかだったんだけどなあ、、。

本当はもっと大きくてエモーショナルな夕日だったんですが、写真で表すのは難しいですね。

これも中々好きな色味です。

このフィルムの良さ・特徴がしっかり出ている1枚だと思います。

とてもレトロ。

めちゃくちゃ気に入っている、海の写真。

よくこういう写真は撮るんですが、ここまで近距離で海面を撮ったのはこれが初めてで、フレアも出てくれて満足の1枚です。

 

これは一周し終えた後の別府の写真。

地獄めぐりしました。

 

 

湯けむりの街、別府。

街中に温泉が沸いていて、外から来た僕からしたらとても新鮮で不思議な光景でした。

そしてそれが夕焼けに染まってめちゃくちゃエモーショナルでした。

これらはしまなみ海道の写真です。

めちゃくちゃ発色が悪い、、、、。

ここまで悪いと、カメラの中に光が入ってしまったのかな?と疑うくらいです。

 

ですが、構図的にはとても好きなので、気に入っています。

 

 

最後は尾道の写真です。

この街は僕とってとても大事な場所で、子供の頃からずっと行きたかった場所でした。

「ぼくのなつやすみ」というゲームの舞台になっていたのが尾道で、毎日攻略本片手にプレイしていましたね。

何回来てもいい場所です。

 

まとめ

今回のフィルムは、全体的に発色が悪くて残念でしたが、どれも大切にとった写真たちでした。

(1枚につき20秒くらいかけた)

なので、いい思い出として大切に残っています。

 

重いカメラを持ってでも撮りたい景色があるので、僕はこれからも重いものを持っていくはずです。

 

こうやって見返す時間がとても楽しくて、少し切ない気持ちになります。

 

 

読んでいただいてありがとうございました!

最新情報をチェック!